ホーム

鼻の角栓の黒ずみを洗顔クレンジングで綺麗にしましょう!

毛穴の角栓の黒ずみ、特に鼻の角栓が気になって、指で押しだすとか、ピンセットみたいな道具で引っぱり出すなんてことをしている方も中にはおられるかもしれません。

しかしながら、こうした無理矢理、力を加えて角栓を除去するという行為は、皮膚に負荷がかかるので、やめておいた方が無難でしょう。

一番、いけないのは「手で押してニューと出す」です。 毛穴が広がるだけでなく、毛穴から菌が入る可能性も否定できません。

こんなことをしていたら、余計に毛穴が広がり、最悪、クレーターのようになってしまうかもしれません。化膿した場合は、さらに大変なことになるでしょう。

また、このように無理な力をかけて角栓を除去した場合、 毛穴が開いたままになり、余計に皮膚が汚くなるということもあります。

ガバガバの毛穴は、実にみっともないです。

また、良く聞く毛穴対策に「蒸しタオル」があります。この方法も効果がないわけではないですが、あまり、きれいにはならなかったという感想も多いものです。

そこで、おすすめしたいのがクレンジングによる角栓除去です。

洗顔の際に使用するクレンジングにより、毛穴の黒いポツポツを綺麗にしましょうという方法です。


毎日の洗顔で、もしかしたらメイクをしっかり落とし切れていないかもしれないという方は、要必見です。

詳細は⇒毛穴の黒ずみを取る方法

ダブル洗顔不要のクレンジング|クレンジングと洗顔を1本で

最近の女性は、忙しくて時間がない。化粧にかける手間と時間も出来るだけ省略したい。

化粧落とし、洗顔も出来れば、1本でクレンジングと洗顔を出来るものを選びたいと、お考えの方も多いと思います。

つまり、W洗顔不要のクレンジングですね。


ただし、ここで気になるのが、そのダブル洗顔不要クレンジングは、果たして自分の肌に合うのだろうかということです。

敏感肌の人の場合、クレンジングを使用して吹き出物が出たことがあるので、化粧品選びは慎重にならざるを得ないなんて方もおられるでしょう。


そこでオススメしたいのが美容液クレンジングで無添加のものです。


洗顔の際に良く聞くのが、洗いすぎによる肌の乾燥を防ぎたいということです。

マナラ・ホットクレンジングゲルならば、毛穴の奥の汚れも取り除けるだけでなく、保湿成分でうるおいも実感、出来るでしょう。
 
 メイクの汚れだけでなく、肌に負担をかけずに角質層をやわらかくしてくれます。

洗顔しすぎによる肌のつっぱりを感じていた人には、特に一度、お試し頂きたいクレンジングです。

石油系界面活性剤は不使用で植物由来成分と美容成分がメイクを落として肌に必要な、うるおいをしっかり残してくれますので、ダブル洗顔不要なのです。

  ↓ダブル洗顔不要のクレンジング 詳細は↓

PR エイボン コスメポーチ

ハイドロキノン化粧品|ハイドロキノン誘導体配合

ハイドロキノン化粧品が美白に効果が高いと人気ですね。

しかしながら、このハイドロキノンは、高い美白効果を期待ができる半面、肌への刺激も非常に高く、不安定で酸化されやすい成分といわれています。
ハイドロキノンは、非常に高い漂白作用が特長になります。

ハイドロキノン・クリームは美白愛好家に人気が高いですね⇒ ハイドロキノン・クリーム


そして同じような名前のものにハイドロキノン誘導体があります。

ハイドロキノン誘導体とハイドロキノンの違いについて、ご存知ですか?

ハイドロキノン誘導体(αアルブチン)は、ハイドロキノンにブドウ糖を結合させる事によってできます。
ハイドロキノンの危険性を取り除き、安全性を高めている成分になります。
ハイドロキノン単体より、即効性はありませんが、肌にやさしく、安定した成分のため、敏感肌や肌への刺激が気になる方にも安心してご使用頂けます。

ハイドロキノン誘導体配合のクレンジングは⇒毛穴 クレンジング

このホットクレンジングジェルにはハイドロキノンが含まれていますが「ハイドロキノン誘導体」の配合量は、全製品5パーセント以下です。

マナラでは全製品には「ハイドロキノン」単体ではなく、「ハイドロキノン誘導体」を配合致しています。
「ハイドロキノン誘導体」は、医薬品などに使用される「ハイドロキノン」単体よりも刺激が少なく、肌にやさしい美白成分「αアルブチン」ですので、お肌が敏感な方にも安心してお使い頂くことができます。

Return to page top