ホーム

カプリリルグリコール配合で無添加に|化粧品に防腐剤は常識か?

我々の身の回りには、腐敗防止のために、いろんな防腐剤が使われています。食品、目薬、化粧品などです。

医薬品である目薬にも、保存のための防腐剤が使用されているのです。


腐ったものを食べないため、腐ったものを身体に使わないためとはいえ、医薬品や顔につける化粧品にまで知らないうちに防腐剤が使用されています。


腐敗防止に防腐剤が使われていないのは、政治システムくらいのものかもしれません。

それで、ほぼ常識となっている「防腐剤配合の化粧品」ですが,メイク落とし、クレンジングで使わないものが登場しました。

代わりにカプリリルグリコールを配合しています。このカプリリルグリコールは保湿成分で防腐効果も高い成分です。

 これは、お肌の敏感な方、肌荒れしやすい方、無添加のものを使いたい方には必見ですね。

驚くべきことにアルコールすらも使用していないのです。もちろん、無着色です。

こんなクレンジングでメイク落としをしてみたくは、ありませんか。

毛穴のクレンジングには、最適ではないでしょうか。

詳細は⇒

メイク落としで低刺激のものを|ジェルで毛穴汚れを

毛穴にファンデーションが残るようになったら、クレンジングも違うものに変えてみるべきかもしれません。 毛穴にファンデーションが残るということは、毛穴が開いてきた証拠です。若い時には想像もつかなかった出来事が、今、あなたの顔の上で起きているのです。

想像してみて下さい。自分の顔の毛穴が開いてクレーター状になったことを。




ましてや、その毛穴が黒ずみを帯びてきていたら、なおさら要注意です。特に目立つのが鼻ですね。何といっても顔の中心にあり、一番、高い場所ですから。


今まで、きちんとクレンジングをしてきた。それでも、毛穴が黒ずみを見せているというのであれば、メイク落としが肌に合っていない可能性が高いです。

だって、そうでしょう。

クレンジングが、しっかり化粧の汚れ、外出先でついた埃を落とし切れていれば、毛穴が開くとか、黒くなるとかにはならないはずです。 もちろん、年齢による不可逆的なものも理由としては考えられます。

あなたも、そろそろ年齢的にクレンジングを変える時が来たのかもしれません。

敏感肌の人の場合、メイク落としも低刺激で肌に負担の少ないものを選びたいですよね。

ところが、良いものは市販(ドラッグストア)では、なかなか売っていなかったりします。

 低刺激のメイク落としをお探しの場合、鉱物油や石油系界面活性剤は使用していないものを使いたいですよね。 洗い方としては強く、こすりすぎないことが肝心です。また日差しの強い季節には紫外線吸収剤不使用のものであれば、なお良いですよね。つまり、無添加のメイク落としです。

 そこでオススメなのがジェル(ゲル)タイプのクレンジングです。ジェルの持つ粘性を利用して皮膚の汚れをからめて、吸着させます。ジェルタイプはオイルでなくても、洗浄力は良いですよ。

詳細は⇒返金保証 毛穴クレンジング

敏感肌の毛穴を引き締める|黒ずみを解消しましょう

正しい毛穴ケアしていますか?

@ 温めて毛穴は開きますが、黒ずみが取れるわけではありません。根気強くクレンジングする必要があります。

@ オイルクレンジングは確かに良く滑り、クルクル回すと肌に馴染みます。しかし、落ちるのはメイクのみであって、素肌の汚れは残ったままです。

洗顔方法が悪いと毛穴にクレンジングが残りニキビが出来たりします。また、オイルクレンジングは汚れ落ちが良いと一般的に言われますが、 敏感肌の人はオイルクレンジングの使用を基本的にはやめた方が良いです。肌に必要な脂も抜け落ちて皮膚の老化の原因になります。
@ 敏感肌の人が洗顔をするときに、ゴシゴシとこするのはマズイとは良く言われることですよね。
擦らずに落ちるクレンジング剤を使いましょう。

@ また、毛穴対策として良く使われるのが、 毛穴パックですが、これは逆効果です。やればやるほど毛穴が目立ち、余計に醜くなります。

毛穴の開きは汚れが原因です。面倒がらずに、W洗顔をきちんとするべきです。 クレーターのような跡になってから後悔しても手遅れかもしれません。

@ 毛穴の黒ずみは肌の新陳代謝を良くして解決するべきものです。

エステサロンに行くのも良いですが、しっかりしたクレンジングで綺麗に洗顔する方が、よっぽど良いです。

こうしたクレンジングを使用するときに、実際に自分の肌に合うか、どうか、不安がついてまわるものですが、このクレンジングには返金保証もついていますので、その点は安心しても良いのではないでしょうか。

  ↓↓返金保証 毛穴クレンジング フルリ詳細は↓↓  



敏感肌クレンジングについては、こちら

Return to page top