ホーム

アルコールフリー・クレンジング|敏感肌の毛穴汚れに

アルコールには殺菌効果、消毒効果があるので、清潔にしなければならない場所では良く使われます。病院などでは器材などをアルコールで消毒することが多いものです。

また、手を拭くためのアルコールティッシュなんてものもあります。

このように清潔にしたい時に使われることの多いアルコールですが、肌に直接付けた場合、敏感肌の人は特にヒリヒリするような感じを覚えることがあります。

敏感肌の方はクレンジングをする時でも刺激の少ないものを選びたいですよね。アルコールが配合された洗顔クレンジング剤で顔を洗うと泣きそうになります。

肌を清潔にしたいのは、やまやまですが、肌が痛みを感じるようでは、使用することに腰が引けてしまいますね。ましてや、それが皮膚の中でも感じやすい顔ならば、なおさらです。敏感肌の人は洗顔クレンジングもアルコールフリーのものを使った方が、安心かもしれません。


だからといってクレンジングの場合、洗浄力の弱いものを選ぶとメイク落としが、きれいに出来なかったりします。しかし、アルコールを成分に含んでいない場合、洗浄力に疑問符のつくものは多いです。
また、オイル・クレンジングは洗浄力は強いかもしれませんが、肌にはあまり良くありません。

しかしながら、 アルコールフリーのクレンジングで、なおかつメイク落ちが良いものは、なかなか探しても見つかりにくいかもしれません。

もし、このような経験をお持ちでしたら、こちらのクレンジングを一度お試し頂いてはどうでしょう。基本のメイク落ちが良く、毛穴の汚れ落としには最適です。敏感肌でクレンジング選びに悩んできた方には期待して頂いて良いと思います。

アルコールフリーのクレンジング 毛穴汚れも落ちる、詳細はこちら

ファンデーションの毛穴落ち|原因と対策

毛穴にファンデーションが詰まることがあります。ファンデーションの毛穴落ちと言われる状態です。

肌の表面の汚れや化粧は落とせていても、毛穴の奥深くにファンデーションが残っているのです。

理解しておられると思いますが、顔の化粧を落とさないで、そのまま寝ると皮膚が呼吸出来ていないことになります。もっと言うと顔にゴミを付けているのと同じです。

生ゴミが腐臭を放っている場面を想像してみて下さい。

考えただけで気持ち悪いですね。ゴミがついていれば顔の皮膚が、黒ずみを帯びてきても不思議ではありません。

これは放っておくと、毛穴の黒ずみの理由になります。


毛穴の汚れ、皮脂詰まりが原因で黒ずんできた場合、クレンジングできれいにする必要があります。

こうした毛穴にファンデーションが残った状態で、さらに上からファンデーションを塗ると更なる悪循環です。

化粧で隠せない黒ずみになります。手遅れになる前に早めに対策、手を打ちましょう。

詳細は⇒ ⇒毛穴の黒ずみ対策を洗顔クレンジングで!

顔の毛穴の角栓除去|クレンジングで黒ずみを

角栓が落ちてザラつきがなくなった肌を、若い時のようなツルツルでスベスベの肌を、もう一度、味わってみたいと思いませんか。あきらめるのは、以下に紹介させていただくマッサージ方法を試してからにしてください。

顔の皮膚を触ったときに、ザラついた感じがすると何とも嫌な感じがしますよね。顔の角栓を除去して毛穴の黒ずみも綺麗にしたいものです。

角栓による毛穴が汚れた状態というのは皮脂、ホコリ、落ちなかった化粧などが付着してしまって毛穴にフタ、「栓」をしてしまった状態なわけです。

これで文字通り「角栓」です。

角栓が取れないことには、毛穴の汚れも落ちません。

化粧をしていなくても毛穴が気になる場合は、クレンジングを使った方が良いでしょう。

やさしくマッサージしながらクレンジングをすると角質も取れやすくなり、毛穴の汚れもきれいになります。

必要なものは残して、不要なものは洗い流しましょう。

↓↓エステ直伝のマッサージ方法の詳細は、こちら↓↓



一日、5分間のクレンジング方法です。マッサージで顔の血行促進をしましょう。

敏感肌クレンジングについては、こちら

Return to page top